新しい街の「伝統校」として多くの調理師を送り出している東京多摩調理製菓専門学校

中学生の方 お問い合わせ アクセス
  • 1968年創立 調理・製菓・製パンすべて学べる伝統校。

    「食」の業界は、無限の可能性があります。つくる楽しみ、食べてもらう楽しみ。そして「おいしい」と
    言われる喜び。これからプロの調理師、パティシエ、ブーランジェをめざす夢と情熱をもったみなさん、
    1968年創立。多くの卒業生を育ててきた、東京多摩調理製菓専門学校(多摩調)で「食」のプロを
    めざす一歩を踏み出しましょう。
  • Tamachoは目標資格が最大12種!!

    一流の調理師、製菓・製パン技能士を目指すための資格とカリキュラム。
    取得目標資格数は調理・製菓の専門学校でトップクラス!!
    少規模校の徹底サポートで、多摩調のプロの講師が一人ひとり熱心に指導します!
  • 2年間で調理・製菓・製パンの基礎を身につけ現場で活躍!

    「調理師科 調理・製菓コース」では、2年間で製菓・製パン+調理を学びます。
    1年目は調理。2年目は製菓・製パンと期間を分けて集中して学べます。
    調理師免許を取得し、全ての現場で活躍できるパティシエ・ブーランジェを目指します。
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」2014年4月設置

    職業に必要な実践的かつ専門的な能力を養成する事を目的として専門分野における実務に関する知識、技術
    及び技能について組織的な教育を行うものを目的とし、文部科学大臣が新たに認定した課程です。数少ない
    「職業実践専門課程」に当校の調理高度技術学科2年制が文部科学大臣より認定されました。
  • 調理師免許が取れる高校![向陽台高等学校]

    [高等課程3年制]は学校法人早稲田大阪学園向陽台高等学校と技能連携し、調理師免許と高卒資格をW取得!
    調理実習は専門学校のプロの先生が指導します。
    包丁の研ぎかたから学び、将来プロの世界で活躍できます。

TOP > 高校生の方 > 在校生インタビュー

在校生インタビュー

先生と学生の距離が近いのがうれしい。

峰尾 豊さん

東京都立府中東高等学校卒

料理を作ることが大好きで、将来は調理関係の仕事に就きたいと決めていました。
先生もフレンドリーですし、少人数制で一人ひとり熱心に教えていただけるので入学を決めました。一番得意なのは中国料理ですが日本・西洋・中国をトータルに学べるのがうれしいですね。実習以外でも「調理理論」など料理人として必要な知識も学べ、充実した環境です。
将来は先生たちを超えた立派な料理人になりたいです!

和・洋・中をバランス良く学べるのがうれしい。

丸山 航平さん

東京都立永山高等学校

少人数制で和・洋・中を学べるので多摩調に進学しました。先生が身近で一人ひとりに熱心に教えてくれるし、実習が多いので技術も身につくと思いますよ。私も苦手だった桂剥きが今では得意と思えるようになりました。また調理師免許以外にも多くの資格を取得できるのもうれしいです。卒業後は、目標であったホテルの日本料理店で働く事になりました。無形文化遺産に認定された和食の素晴らしさを東京オリンピック開催で海外から来るお客さまに「おもてなし」とともに提供するのが今の夢です。

1年でプロをめざせる環境

屋代 恵助さん

東京都立富士森高等学校卒

高校生の時に寿司店でアルバイトをしていて、料理をするのが好きになりました。専門学校はいくつか見学に行きましたが、タマチョーの体験入学が1番自分に合っていたし、作る料理も本格的で先生も熱心でした。同じ目標を持ったクラスメイトとすぐに友達になれ、先生もフレンドリー。1年で和洋中を学べ、資格も取れます。なにより大好きな料理を毎日勉強できて本当に最高です!卒業後は銀座の寿司店で働きたいです。将来は自分のお店を持って、海外にも日本料理を広めたいです。

1年でプロになれる環境が魅力ですね。

島田 康弘さん

東京都立多摩工業高等学校卒

僕は、早くプロの現場に立ちたくて、1年で調理師免許が取得できるこの学科を選びました。入学して感じたのは、やる気があれば1年間でも調理の技術と専門的な知識が身につくんだと言うことです。年齢の違うクラスメイトと一緒に学ぶことも社会に出る前の良い経験だと思いますね。色々なジャンルの料理を身に付け、将来は自分の店を持つのが夢です。すぐに叶えられる夢より大きな目標を持つ方がやりがいが持てると思いますよ。とともに提供するのが今の夢です。

ケーキもパンも調理も 全部やりたい

山崎 茜里さん

東京都立秋留台高等学校卒

高校の進路ガイダンスの時に、幼いころから夢だった「ケーキ屋さんになるためには?」って具体的に考え始めました。夢はケーキ屋さんでしたが調理にも興味があったので2年で全部学べる学校を探しました。いまは切り方や食材の扱い方など、調理の基礎を学んでいます。学園祭で作った調理の作品で賞をもらえた時は嬉しかったです。4月からはいよいよ楽しみにしている製菓・製パンの授業が始まります。今から夢をかなえるため、おいしいケーキ屋さんの食べ歩きをすることが私の課題です。

調理師免許をもったパティシエになりたい!

岡崎 由佳さん

川崎市立川崎高等学校卒

このコースを選んだのは調理、製菓の両方に興味があって、それぞれ専門的な知識と技術を学べる事が決め手でした。卒業後の目標は洋菓子店で働くことだけど「食」の世界で活躍するには調理師免許も取得した方が夢の幅も広がると思っています。多摩調は、実習の他に豆腐を原料から作ったり、缶詰製作などの授業もあり普段できない体験ができるのも魅力です。調理のカリキュラムを終えて、2年次に始まる製菓・製パンの授業がとても楽しみです。

1日みっちり実習できる環境がうれしい。

佐藤 菜摘さん

東京都立松原高等学校卒

私が多摩調を選んだのは体験入学の時に対応していただいた先生の指導が魅力的で、「学ぶならこの先生に教わりたい。」と感じたからです。
私はパンが好きなのですが、製菓も一緒に 学べる事も入学の決め手のひとつでした。授業は実習が一週間のうち4日もあるので確実に 技術や知識が身についてると感じています。
クラスの友達もみんなお菓子やパンが好きなの で忙しいけれど楽しく学べる環境が良いですね。
地元に根ざしたパン屋さんをオープンさせる ために頑張ります。

おいしい!って言ってもらえるパンを作りたい。

田所 紗妃さん

八王子実践高等学校

多摩調は、製菓と製パンの2つを学べるのが魅力ですね。両立させるのは大変ですが、目標も見えてきます。今、私はパンの道に進みたいと思っています。作る過程も好きだけど、成形によって結果がそのまま出てしまう所にやりがいを感じます。授業も先生との距離が近くて壁にぶつかっている私に適切なアドバイスをしてくれます。将来に備えてカフェクリエーターとラッピングクリエーターの資格にも挑戦しています。職場で常に必要とされる存在になれるように、実習授業をがんばっています。