東京 多摩 聖蹟桜ヶ丘/学校法人井上学園/厚生労働大臣指定・専修学校(国家試験免除校)/東京多摩調理製菓専門学校

新しい街の「伝統校」として多くの調理師を送り出している東京多摩調理製菓専門学校

受付時間:午前9時〜午後5時まで042-375-8215

似て非なる調理師と栄養士の違いと飲食店開業に欠かせない食品衛生責任者とは

調理師と栄養士の違い~資格は両方持っていた方がいい?

調理師と栄養士の違い~資格は両方持っていた方がいい?

食に関する職業といえば、料理人やパティシエ、フードコーディネーター、野菜ソムリエなど、ありとあらゆる職種がありますが、近年の食の安全や健康意識の高まりにより食に関する職種の重要性が注目されており、中でも「調理師」と「栄養士」を目指す人は年々増加傾向にあります。
 

この調理師と栄養士とは、その名の通り、調理のプロである調理師と栄養のプロである栄養士であり、
 

どちらも食のプロフェッショナルとして大きな役割を果たしています。
 

活躍する場としては、共に飲食店や宿泊施設、保育園や学校の給食センター、病院や福祉施設などであり、職場が似ているから両者の仕事内容にはどのような違いがあるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、似て非なる調理師と栄養士の主な仕事と役割の違いについて詳しく見ていきましょう。
 

《調理師とは「食材を美味しく提供する」の専門家》
 

調理師の主な仕事は、お客様に提供する料理を作ることです。
厚生労働省が定める国家資格の調理師免許取得者であり、食材に関する知識と調理に関する技術を取得したプロフェッショナルです。
 

なお、飲食店での調理業務に携わる場合には調理師免許などの資格の必要はありませんが、飲食店やホテルなどで働こうとする場合には調理師免許を取得していることで有利になる場合が多くあり、職歴によっては現場のリーダーを任せられたり、食材の発注やレシピ開発、厨房の管理を行ったりすることもあります。
 

《栄養士とは「食事や栄養を管理する」専門家》
 

栄養士の主な仕事は、栄養バランスの取れた食事や健康管理を目的とした栄養指導を行うことあり、都道府県知事の免許を受けた国家資格です。具体的には、食材の成分確認や献立に含まれる栄養素の計算などを行います。
 

また、栄養士の上位資格には厚生労働省が定める国家資格「管理栄養士」がありますが、どちらも食と栄養のプロフェッショナルではあるものの、管理栄養士は病気を患っている方や高齢の方などのための栄養指導や献立作成を担当することができるため、栄養士と比較すると年収面などで優遇されます。
 

このように、調理師と栄養士の仕事内容は全く異なるもので、両方の資格を取得することは、味はもとより、見た目のきれいな栄養満点の料理を作れることになり
 

多方面で活躍できる可能性を広げる
 

こととなります。ただし、その取得方法はそれぞれ異なるため、どのようなキャリアを積み上げていくかをよく考え、それを踏まえたうえで資格取得に向けて動く必要があるでしょう。
 

▼調理師を目指す!調理師免許の必要性と学校に通う意味

 

 

実は調理師免許じゃない!~飲食店開業に必要な食品衛生責任者とは

実は調理師免許じゃない!~飲食店開業に必要な食品衛生責任者とは

プロの料理人になるために調理師免許の取得を考えている人が多いかと思いますが、その目標の先に「飲食店を開業したい!」といった夢があるならば、飲食店の開業に必要な国家資格「食品衛生責任者」を取得しましょう。
 

というのも、飲食店の開業は消費者の食の安全を守ることが大前提であり、そのために
 

食品衛生責任者の配置が各店舗に1名以上義務付けられています。
 

食品衛生責任者の主な仕事は
 

・食品や調理器具、設備の衛生管理
・従業員の衛生教育
・衛生検査の実施
 など
 

であり、食中毒などが発生しないようにするのが食品衛生責任者の役目です。これらの役割を果たすために、定期的に実務講習会に参加するなどして食品衛生に関する最新の知識を身につけ、現場で実践することが求められます。
 

なお、食品衛生責任者の取得方法は前出の調理師や栄養士の取得とは異なり、各都道県知事等が実施する食品衛生責任者の養成講習会することで、資格を取得することができます。
 

資格取得後は職場の食品衛生の責任者として、食品の安全性と衛生管理を確保するための重要な役割を担っています。適切な衛生管理を定期的に実施し、従業員への教育と指導を行い、法令を遵守することで、消費者に安全で安心な食品を提供につながります。
 

▼夢はフランス料理レストラン開業!夢を叶える西洋料理学のススメ

 

 

食材のエキスパートと食材管理のエキスパートの役割を理解しよう!

食材のエキスパートと食材管理のエキスパートの役割を理解しよう!

調理師と栄養士、食品衛生責任者の主な仕事内容と役割はお伝えした通りとなり、調理師は料理のプロフェッショナルとして、見た目にこだわった、おいしい料理を提供し、栄養士は健康をサポートするための栄養管理や献立作成を行い、食品衛生責任者は食品の安全性と衛生管理を確保します。
 

たとえば、学校給食の場においては、栄養士が生徒の成長に合わせた栄養バランスの取れたメニューを作成し、調理師がそのメニューをおいしく調理します。そして、食品衛生責任者が食材や調理場やスタッフの衛生管理を徹底することで、食事の安全性が確保されます。
 

このように、各職種がそれぞれの役割を果たし、それらが連携することで、
 

安全で栄養バランスのとれた質の高い食事が提供され、私たち消費者の健康が守られているのです。
 

いかがでしたか。
一見、よく似ているように思われている調理師と栄養士ですが、その役割は全く異なるものであり、やりがいもそれぞれ異なります。プロの料理人を目指すならば調理師、カロリー計算や栄養バランスを考えた献立づくり、栄養指導でサポートしたいというならば栄養士がおすすめです。それぞれの違いを知り、自分に合った職種の資格取得を目指しましょう。
 

▼今月の多摩調オープンキャンパス(一日体験入学)日程をチェック

 
ウェブ出願予約
かんたん!ウェブで推薦出願予約
タマチョーはあなたを待ってます
ウェブ出願について
WEB出願の手順を説明します。
学校パンフ
デジタルパンフレットを閲覧できます
中学生の方へ
中学生の方は高等課程サイトへ
おいしい☆体験
作って食べる、おいしい体験イベントで待ってるよ!